矯正器具を装着した後の食事と歯磨きの方法

芸能人は歯が命。歯の矯正治療を試みる人は多いもの。ではその一例をご紹介しましょう。

まず、元スピードの島袋寛子さん、新垣仁絵さん。モデルの杏さん、能年玲奈さん、蒼井優さん、篠原ともえさん、キム、ヨナ選手、重盛さと美、ウエンツ瑛士さん。

矯正器具は見たことがあれども、実際の使用感や食事の方法、歯磨きの仕方など分からないことばかり。

そこで、矯正器具を装着した場合の生活の方法をご紹介します。

矯正器具の見た目の問題

金属やゴムの見た目が気になるという人は多いもの。でも心配することもないのです。裏側矯正という方法があります。

これは歯の裏側に矯正器具をはめる方法です。歌手などの職業でもない限り、覗き込む必要性もない一般人には目立ちにくい方法です。

矯正器具の使用感は?

器具を入れて矯正するので、それなりの装着感はあるもの。食事に制限がかかるのものをまとめました。

1,矯正器具を装着中に制限される食事の仕方

前歯で?み砕くもの、リンゴの丸かじりのような食し方

心がけたい食材の方法

食べ物は一口サイズに切ってから食べる。

少量ずつ口に入れて噛む

こまめに飲み物を口に含む

2,制限される飲食物

嗜好品(ワイン、コーヒー、紅茶)

柑橘系食品

カレーやキムチなど着色の可能性が高いもの

パスタ、うどん、そばなどの細い麺類

繊維質のある食材

粘着質のある食材など

おすすめできる食材とお料理

スープ類、液体の食べ物

小さく少量ずつ口に運びやすいサラダ

一口で口に運びやすい果物類

このようにまとめると

さっぱりした食味であまり噛まずに喉を通すことのできる食事が適切のようです。スープなどもビスソワスープやパンプキンよりもコンソメスープなどを選びましょう。

食事選びは後の歯磨きの手間を楽にさせるためにも有効です。

矯正器具を装着しているからといって、ガムやオーラルケアだけで済ますことは好ましくはないですよね。

きちんと歯ブラシでブラッシングしておきましょう。

歯ブラシは親指と人差し指、中指で持ちます。必ず鏡をみて歯に当てるようにしましょう。

矯正器具装着中の磨き方 45度がコツ

歯ブラシを歯に当てる角度は45度が適切です。装着器具のブランケットに沿って45度に当てます。

この狭い角度をより効率的に磨くには、歯ブラシの先端を使うか、デンタルフロスを使用して隙間を掃除していきます。

ブランケットをはめている面は矯正用の歯ブラシで磨く方が有効的です。

普通の歯ブラシで磨くコツは毛先の鋭いタイプを選ぶか、ハサミでカットして毛先を作るか、いずれか細い隙間を丁寧に磨くための工夫が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です