自分に合った歯科医院を見つけましょう

子供が3歳の時に歯科検診で引っかかってしまい、歯科医院で治療をする事になりました。検診では上の歯が一本だけ溶けかかっていてまだ完全に虫歯ではないけれど、このまま放って置くと虫歯が進行して茶色くなり穴が空くと言われました。

処置としては、今の段階であればまだ歯を削らずに進行度めのお薬を塗るだけで良いとの事で早めに処置を受ける事にしました。

娘にとって初めての歯医者さんなので、検診を担当してくれた歯医者さんの病院を受診しました。

ところが、初めての歯医者さんの雰囲気が怖かったのか名前を呼ばれ診療室に入ると娘は泣きじゃくってお口を開けらる事が出来ませんでした。

検診の会場ではお口を見せられた先生にも優しい女性スタッフにも見せる事が出来ず、10分以上、頑なに私にしがみついて顔を隠していて結局進行度めのお薬を塗る事も出来ませんでした。

先生によるとこのような子供はたくさんいるそうで、小児歯科を専門にしている女性の先生を紹介してもらいました。

改めて紹介していただいた小児歯科を受診することにしました。

紹介された病院では、待合室におもちゃや子供向けの絵本がたくさん並んでいて医療機関ではあるもののアットホームな雰囲気の病院で娘はリラックスしている様子でした。

しかし名前を呼ばれて診療室に通されると案の定、前回と同じ様に泣き始めました。

内心、人前で大声で泣く娘に、周りに迷惑をかけてしまうから泣くのはやめてくれという気持ちと、自分がもっとしっかり管理していれば娘を虫歯にする事もなく、こんな嫌な思いをさせる事がなかったのにと自分を責める気持ちでいっぱいでした。

泣きじゃくる娘を抱っこしながら、スタッフの方とお話をしていると、うちの病院では無理にお口を開けさせる事はしないので、少しスタッフと遊んだりお話をして仲良くなってから処置をさせてもらっても良いですか?と言ってくれました。

その言葉で迷惑をかけて申し訳ない気持ちでいっぱいだったけれど、励まされた気がして、この病院に根気良く通って治療をしてもらい、もう虫歯は作らない様にアドバイスしてもらって娘に嫌な思いをさせない様にしようと思いました。

通院して2回、3回と泣きながら通った娘でしたが、4回目でこの病院は怖くないと分かったのか、1人で椅子に座りお口を開けてようやく進行度目の薬を塗る事が出来ました。

その時、先生もスタッフの方も

「よく出来たね、偉かったね。」と褒めて下さり「お母さん、今日はお子さんをたくさん褒めてあげて下さいね。」と言ってくれました。

本当に良い歯科医院に出会う事が出来て良かったです。

歯医者さんはただ虫歯を治すだけではなく、虫歯にならない知識を教えてくれて自分で自分の体を守る事を学ばせてもらえる場なのだと思いました。

また、仕事や学校で時間が取りづらく急いで治療を終えたい方、怖がりでゆっくり治療を進めて欲しい方、受けたい治療の仕方は様々だと思います。自分の生活や性格に合った歯科医院を見つける事で、安心して治療を受けられ自分や家族の健康を守れるのだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です