子供の逆向きの過剰歯

私には6歳の子供がいます。その子の幼稚園の歯科検診で、初めて過剰歯というものを知りました。

 

前歯の乳歯が抜け、永久歯が生えてきたな〜、でも普通の大きさの半分ぐらい??半年たったけれど、これからもう少し生えてくるのかな?と思っていた小さめな歯があったんです。

幼稚園の検診で、『過剰歯』と診断されました。なんだこれ??と思いましたが、字のまんまの意味なんですね。歯が多いんですね。乳歯→過剰歯→永久歯というふうに、本来より多くあるとのことなんですね。

けれど、検診ではわからないので、歯医者でレントゲンを撮ってくださいねとのこと。歯が少なくて、大人になってもまだ乳歯のままの友達がいるのですが、多く存在することもあるなんてビックリしました。

そして、私は正常なんですが、主人は歯の本数が少ない人です。

顎が小さいために、もともと存在している総数が2本少ないと歯医者さんで言われたらしいです。

それなので、子供は少ないことはあるかも?と思ってたんです。歯の本数は遺伝にかんけいないんですかね??

そして、子供を連れて、総合病院ではなく、かかりつけの歯医者へ行き、レントゲンを撮ってもらうことに。子供と先生がなかなか戻ってこないな?と思っていたらまた発見があったらしいのです。

生えている歯が過剰歯なら、歯茎の中にまだ永久歯があるはずなので、それを確認するためのレントゲン撮影ですね。そしたら、一緒に写っている歯の中にも過剰歯があったんです。上前歯が2本とも過剰歯が存在するしていることになるんですね。

そして、そこからまたビックリしたんですが、そのまだ生えてきてもないとなりの歯茎の中の過剰歯は逆を向いて生えているのです。

上前歯だから、下向きにあるものが上向きに!!

そんなことがあるんですね。それだけでもビックリしたのですが、逆向きの歯が邪魔で永久歯が生えてこないのは私にも容易に想像できたのですがらごく稀に鼻の穴のしたあたりからポコっと生えてくる人もいるらしいです。歯としての役割を何にも果たしてないですね。

そういうわけで、レントゲン以上は個人病院では無理だということになり、口腔外科のある総合病院へ再度検査のやり直しになりました。

間違いなく逆むきに生えてました。かわいそうに、6歳の息子は手術をすることになりました。

歯茎をめくって、逆向きの歯を削り取り、また歯茎をかぶせて縫合することになりました。

その時についでに、すでに生えているのです過剰歯も抜歯しました。

先生が言うには、そんなに珍しいことでもないらしいです。